アスタキサンチンとは

アスタキサンチンとは

カロテノイドの一種。 眼の疲労や調節機能に対する研究を行っています。

アスタキサンチンとは

カロテノイドの一種。目の疲労や調節機能に対する研究を行っています。

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンとはサケやオキアミに含まれる赤橙色の色素。

アスタキサンチンとはサケやオキアミに含まれる赤橙色の色素で、カロテノイドのキサントフィル類に分類されます。アスタキサンチン(Astaxanthin)という名前は初めて発見されたアメリカザリガニ(Astacus gammarus L)より付けられました。

p_01

p_02 p_03

アスタキサンチンの抽出原料は現在ヘマトコッカス藻(Haematococcus pluvialis)が主流となっています。ヘマトコッカス藻は緑藻の一種で通常緑色をしていますが培養条件を過酷にすることで自らの身を守るためのアスタキサンチンを作り出し、外観も赤色に変化します。このタイミングでアスタキサンチンを抽出することで効率的に生産できるのです。

このページのトップへ

アスタキサンチンの安全性

古くより我々はサケやタイなどからアスタキサンチンを体内に取り入れてきました。
アスタキサンチン単独での安全性については、もちろん確認されていますが、これまでの食経験からもその安全性は高いと考えています。

このページのトップへ

アスタキサンチン安全性試験文献

  • 西川善之, 峰中美治, 一村美香 : 実験動物に対するカロテノイド類(β-カロテン, アスタキサンチン)供与の生理・生化学的効果について, 甲子園大学紀要、栄養学部編, 25, 19-25, 1997.
  • 小野敦、関田清司、斉藤実、梅村隆志、小川幸男、降矢強、金子豊蔵、井上達 : ヘマトコッカス藻色素のF334ラットによる13週間反復混餌投与毒性試験, 国立医薬品食品衛生研究所報告, 117, 91-98, 1999.
  • Seki,T., Sueki,H., Kouno,H., Suganuma,K., Yamashita,E.:Effects of astaxanthin from Haematococcus pluvialis on human skin, Fragrance J., 29, 98-103, 2001.
  • Spiller,G.A., Dewell,A.: Safety of an Astaxanthin-Rich Haematococcus pluvialis Algal Extract : A Randomized Clinical Trial, J. Med. Food, 6, 51-56, 2003.
  • 高橋二郎、塚原寛樹、湊貞正 : ヘマトコッカス藻アスタキサンチンの毒性試験?Ames試験、ラット単回投与毒性試験、ラット90日反復経口投与亜慢性毒性試験―, 臨床医薬, 20, 867-881, 2004.
  • 塚原寛樹、福原育夫、竹原功 : アスタキサンチン含有ソフトカプセル食品の健常成人に対する長期摂取における安全性の検討, 健康・栄養食品研究, 8, 1-11, 2005.
  • 大神一浩、白取謙治、新田卓也、新明康弘、陳 進輝、吉田和彦、塚原寛樹、大野重昭: アスタキサンチンの過剰摂取による安全性の検討, 臨床医薬, 21(6), 651-659, 2005.

このページのトップへ

関連研究項目

  • Google Bookmarks Google Bookmarks
  • はてなブックマーク はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録