プロテインサプリの品質には注意が必要 | 世界の最新健康ニュース

世界の最新健康ニュース

時々の健康にかかわるニュースや最新の話題をお届けします。

世界の最新健康ニュース

2018-10-22

プロテインサプリの品質には注意が必要

世界の最新健康・栄養ニュース

プロテインパウダーは、筋肉増強効果を期待してプロからアマチュアまでスポーツ分野では最も売れているサプリメントのひとつであるが、ダイエットや美容目的などにも使われる。今回、スペイン・セビリア大学の研究チームがこれらの製品の品質について調査したところ、意外な事実が明らかになったという。

「プロテインパウダーの製造工程には、加熱処理が入ることが多く、それは製品の栄養価を低下させますが、今までほとんど注意が向けられてきませんでした。リジンは、プロテイン(たんぱく質)を構成するアミノ酸のうちで、加熱処理によってもっと影響を受けるアミノ酸できわめて不安定に変化します。加えて、加熱処理はプロテインの構造そのものを変性させる可能性があります。変性したプロテインは消化されにくくなるのです。したがって、これらを詳しく調べることが重要なのです」とセビリア大学のアントニオ・サンチェス講師は語っている。

研究チームは、市販のプロテインパウダー52種類を分析した。それらのプロテインの主原料は濃縮され単離されたホエイ(乳精)プロテインもしくはその加水分解物だった。

解析の結果、調べたプロテインパウダーの半分に、6%以上の変性リジンが含まれていた。製品の約一割には、20%以上の変性リジンが含まれていた。変性リジンを最も多く含んでいたのはホエイを加水分解した製品であり、最も少なかったのはホエイとカゼインを原料としたものだった。

研究チームはまた、製品の炭水化物含量が、プロテインサプリの熱変性の度合いを示す間接的だけれども有用な指標であることを発見したという。

専門家によれば、品質の高いプロテインサプリの摂取が健康問題を起こすことはないという。問題が起きるのは品質の管理に問題があるからで、そのためには正確な基準作りが必要になるのである。「質の悪いサプリメントの摂取者が増加するに従って、有害事象の起こす確率もまた増加するのです。従って、スポーツ愛好者にプロテインサプリを奨めるときには、第一に栄養学的な評価が重要なのです。」

栄養学的評価は、常に使用者個人の服薬歴や栄養状態、食生活、体組成、生化学的指標などを考慮できる専門家の手に依るべきであるという。

専門家によれば、単離された牛乳プロテインのような質の高いプロテインサプリの摂取は、健康やスポーツパフォーマンスにも有効である。プロテインサプリが、高齢者の筋肉量の低下を最小限にし、スポーツのための筋力を維持する助けになることはいくつもの科学的根拠によって示されている。

本研究は、スペイン、欧州、南米から種々の大学が参加して行われた学際的研究であり、5千名以上の対象者には、ナショナルチームの代表選手や国際的なスポーツ選手も含まれる。

出典は『LWT食品科学技術』

監修・執筆 和気奈津彦(わけ なつひこ、薬学博士)
関連記事
  • Google Bookmarks Google Bookmarks
  • はてなブックマーク はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録