女性の“美しさ”に関する意識調査 |こちら調査室|サン・クロレラ研究サイト

クロレラ、エゾウコギ、アガリクスなどを科学的に考察するサン・クロレラ 研究サイト

  1. TOP
  2. こちら調査室
  3. 女性の“美しさ”に関する意識調査

こちら調査室

サン・クロレラが独自に健康に関するアンケートを実施・公開します。

こちら調査室

2011/11/29

女性の“美しさ”に関する意識調査

Vol.3

女性の“美しさ”に関する意識調査

こちら調査室 一覧へ

いつの時代、どの年齢の女性にとっても大きな関心事項である“美しさ”。
ルックス・プロポーションの良さはもちろん、近年の健康志向の高まりと共に、身体の中から美しくなろうとする女性も多くなってきました。

しかしこうした傾向とは逆行するように、平成20年の厚生労働省「国民健康・栄養調査」では、現代の20~40代女性が痩せすぎ(低体重)であり、また中年を迎えると肥満がちになるという結果が報告されています。

こうした背景からを踏まえ、サン・クロレラでは、30~50代の女性に「美しさ」に関する調査を実施いたしました。

※なお本調査は、インターネット調査会社のマクロミルに委託し実施されたものです。

detail03_01

調査概要

調査方法 インターネットリサーチ
調査地域 全国
調査対象 30歳以上59歳以下の女性
有効回答数 309人(30代103人 40代103人 50代103人)
調査日時 2011年11月3日~4日
調査機関 株式会社マクロミル

このページのトップへ

女性が、自分が最も魅力であったと考える年代は25~29歳

30~50代の女性が、「最も魅力的であった」と思う年代として最も多く挙げられた年代は「20代後半」続いて「20代前半」でした。 detail03_02

さらに詳しい結果を見る

あなたが、女性として最も魅力的だったと思う年齢は何歳ごろですか。

女性が、自分が最も魅力であったと考える年代は25~29歳

30~50代の女性に、自分がもっとも魅力的であった(魅力的になると思う)年齢を尋ねたところ「20代後半」という答えが24.6%を占めました。続いて「20代前半」が22.3%。「30代後半」が18.8%となりました。

result03_01

年代別にみると各年代を通して「20代後半」が強い支持を得ているものの、30代では「まだ最も魅力的だと思う年齢になっていない」と答えた方が11.7%。40代では13.6%が「40代前半」、9.7%が「40代後半」と答えました。
さらに50代では「50代前半」と答えた方が16.5%と多く、年齢と共に魅力的に変わる自分への期待や、現在の自分の年齢を肯定的に捉え、楽しむ女性が少なくないことが分かりました。

result03_02

このページのトップへ

10割の女性が「年上」として見られたくないと感じている

実際の年齢と比べて「どのように見られるか(実際)」と「どのように見られたいか(理想)」を尋ねたところ「どちらかといえば年下」・「年下」と答えた割合が(実際)で約6割強、(理想)で約7割強。一方「どちらかといえば年上」・「年上」の回答は(実際)で約1割弱、(理想)では回答数0という結果になりました。 detail03_03

さらに詳しい結果を見る

あなたは、実年齢と比べてどのようにみられることが多いですか。
また、実年齢と比べてどのようにみられたいとおもいますか。
実際と理想をそれぞれについて、あてはまるものをお答えください。

10割の女性が「年上」として見られたくないと感じている

30代~50代の女性に、実年齢と比べて実際にどのように見られることが多いか(実際)、またどのように見られたいか(理想)を調査したところ、最も多かったのは「どちらかといえば年下」で、(実際)が36.6%、(理想)が46.9%。続いて「年下」という回答では、(実際)が30.7%、(理想)が27.2%となりました。現代女性は比較的、年齢より比較的若く見られるものの、理想としては見た目年齢よりさらに若く見られたいと思う方が多いようです。
なお、特に顕著であったのは、全年代を通して見た目の理想として「どちらかといえば年上」「年上」を選んだ方は、一人もいないという結果になりました。

result03_03

実際に「実年齢を比べてどのように見られているか」を年代別で見ると、30代では「どちらかといえば年下」がと多く、「年下」「どちらかといえば年下」が27.2%で同率。
理想としても、「どちらかといえば年下」の割合が多いものの、「年下」「年齢相応」は同率となっています。
40代では、実際に「年下」に見られる女性が最も多く37.9%で、理想として「年下」に見られたいと思っていると答えた27.2%を大きく上回りました。
50代では40.8%の高い水準で実際に「どちらかといえば年下」に見られるという女性が多いのが特徴です。
現代の女性は40代を超えると、比較的若く見られることの多い傾向にあるようです。

result03_04

result03_05

このページのトップへ

自分では気づきにくい老けのポイントは「顔のしわ」

あなたは、ご自身の外見に関して、老けたと感じる個所と、他人の外見に対して老けを感じる個所を伺いました。自身の場合は「白髪」が5割強で一位であったのに対し、他人の場合は「顔のしわ」が5割強で1位。自身で感じるポイントとして回答された「顔のしわ」との間に約2割の開きが見られました。 detail03_04

さらに詳しい結果を見る

あなたは、ご自身の外見に関して、老けたと感じることはありますか。
老けたと感じることがある方は、具体的にどのようなところに老けたと感じますか。
また、他人の外見に関して、どのようなところに老けたと感じますか。
それぞれについて、最もあてはまるものを最大3つまでお選びください。

自分では気づきにくい老けのポイントは「顔のしわ」

自身の外見に関して老けを感じるポイントとしては、「白髪」がトップで52.8%。続いて体型が46.0%。さらに「顔の肌のたるみ」「顔のしわ」が31.7%で並びました。
これに対して、他人の見た目に関しては「顔のしわ」がトップで51.1%。続いて体型が43.4%、白髪が42.4%となりました。特に「顔のしわ」に関しては、自分自身より他人からのチェックの方が厳しくなるようです。

result03_06

年代別では30代が最も老けを感じるところは「体型」で自身が58.3%、他人が50.5%。40代では、自身の老けを感じるポイントとして「白髪」が突出した65.0%。
一方他人に関してのチェックポイントは「白髪」が46.6%、「体型」が45.5%でほぼ同数。50代では、自身のチェックポイントとして「白髪」が多く54.4%を占めるものの、同様に「顔の肌のたるみ」38.8%や「老眼」33.0%が目立ちます。
他人に関しては、「顔のしわ」が最も多く5.05%。「首のしわ」の33.0%も他の年代を大きく上回っています。

result03_07

result03_08

このページのトップへ

全年齢を通した美しい有名人の代表「吉永 小百合さん」と「福山 雅治さん」

30~50代の女性が美しいと感じる男女の有名人として、最も多く名が挙がったのは「吉永小百合さん」と「福山 雅治さん」でした。この他女性では「天海 祐希さん」「松嶋菜々子さん」、「黒木 瞳さん」、「小雪さん」。男性では「木村 拓哉さん」「Gacktさん」「向井 理さん」などの名前が挙げられました。 detail03_05

さらに詳しい結果を見る

あなたが美しいと感じる有名人を、男女それぞれ1名ずつあげてください。

全年齢を通した美しい有名人の代表「吉永小 百合さん」と「福山 雅治さん」

全年代を通して美しい有名人として最も多く名前が挙がったのは女性では、「吉永小百合さん」7.4%、男性では「福山 雅治さん」10.6%。
女性2位からは「天海 祐希さん」5.5%、3位「松嶋 菜々子さん」5.1%、「黒木瞳さん」5.1%、「小雪さん」3.8%。
男性2位からは「木村 拓哉さん」7.4%、3位「GACKTさん」6.1%、4位「向井 理さん」6.1%、「チャン・グンソクさん」2.2%となりました。

result03_09

年代別にみると30代では女性トップが「松嶋 菜々子さん」7.8%、2位が「井川 遥さん」6.8%、3位が「黒木 瞳さん」5.8%、「天海 祐希さん」5.8%、「綾瀬 はるかさん」5.8%の順。男性ではトップが「福山 雅治さん」11.6%、2位が「木村 拓哉さん」8.7%、3位が「Gacktさん」8.7%、4位が「向井 理さん」7.8%、「伊勢谷 友介さん」2.9%の順。
40代では女性トップが「黒木 瞳さん」6.8%、2位が「天海祐希さん」5.8%、3位が「鈴木 京香さん」4.9%、4位が「松嶋 菜々子さん」3.9%、「黒木 メイサさん」3.9%、「北川景子さん」3.9%の順。男性ではトップが「福山雅治さん」14.6%、2位が「Gacktさん」7.8%、3位が「木村 拓哉さん」5.8%、4位が「向井 理さん」2.9%、「岡田 将生さん」2.9%の順。
50代では女性トップが「吉永 小百合さん」17.4%、2位が「小雪さん」4.9%、「天海 祐希さん」4.9%、4位が「高島 礼子さん」3.9%、「松嶋 菜々子さん」43.9%の順。男性ではトップが「向井 理さん」7.8%、2位が「木村 拓哉さん」7.8%、3位が「福山 雅治さん」5.8%、4位が「郷 ひろみさん」4.9%、「チャン・グンソクさん」4.9%の順となりました。
女性では各年代を通して同年代の凛とした女性を理想として掲げる方が多く見られました。
また、上位男性の強い人気の中、「向井 理さん」「チャン・グンソクさん」といった、若手や韓流スターの名前が台頭しつつあるのも特徴的です。

result03_10

このページのトップへ

女性にとっての美の天敵は「紫外線」、「運動」「睡眠」も重要な要素として挙げられる

30~50代の女性に日常生活において、美容に悪影響を与えていると思われることを伺ったところ、「紫外線」が8割強、続いて「運動不足」「睡眠不足」が挙げられました。 detail03_06

さらに詳しい結果を見る

あなたの日常生活において、美容に悪影響を与えていると思われることはありますか。ある方は、具体的に悪影響となっていることを全てお選びください。

女性にとっての美の天敵は「紫外線」、「運動」「睡眠」も重要な要素として挙げられる

日常生活において、美容に悪影響を与える要素として全年代で考えられているのが「紫外線」81.2%、つづいて「睡眠不足」と「運動不足」がそれぞれ64.4%。これに続いて「人間関係のストレス」40.1%、「栄養バランスの悪い食事」が37.2%と続きました。

result03_11

年代別にみると、30代では「紫外線」81.2%のほかに、「運動不足」74.8%や「不規則な生活」49.5%、「育児のストレス」32.0%が多く、各年代で最も悪影響を与える要素を多く揚げています。
40代では「紫外線」77.7%や「睡眠不足」66.0%・運動不足64.1%のほかに、ファーストフード28.2%、「夜遅くの食事」37.9%、「喫煙」37.9%と食生活、嗜好に関する回答が多くなっています。
50代でも「紫外線」81.6%、「睡眠不足」60.2%、「運動不足」54.4%は共通して高くなっていますが、他年齢と比べて悪影響を及ぼす要素を回答する数がかなり低い水準にあるという結果になりました。

result03_12

このページのトップへ

美しさを保つ秘策は、「紫外線対策」「保湿」そして「食事」毎日の生活習慣がカギ

女性に、美しさを保つために気をつけていることを尋ねたところ「紫外線を避ける」が1位、「保湿をしっかりと行う」と「食事の内容に気を使う」が2位と、毎日の生活習慣を守っていくことが、美しさを保つ秘訣として挙げられました。 detail03_07

さらに詳しい結果を見る

あなたは、美しさを保つために、何か気を付けていることはありますか。
気を付けていることがある方は、具体的にどのようなことにきをつけていますか。
あてはまるものを全てお選びください。

美しさを保つ秘策は、「紫外線対策」「保湿」そして「食事」毎日の生活習慣がカギ

30~50代の女性に美しさを保つために気を付けていることを尋ねたところ、全年代を通して高かったのは設問5で美容に悪影響を与えるとして多くの回答を集めた「紫外線対策」47.2%。続いて「食事の内容に気を付ける」と「保湿をしっかり行う」が同率で45.3%と、身体の内外からの対策がバランスよく上位に並ぶ結果となりました。

result03_13

年代別では30代では、美容・食事に対する意識が高く、また対策を行っている方法の数も多い傾向にあります。
上位は「食事の内容に気を使う」55.3%、「紫外線を避ける」50.5%のほか、「化粧をしっかりとする」47.6%、「タバコを吸わない」43.7%となりました。
40代は他の年代と比べると比較的、対策を行っている方が少なく「特に気を付けていることはない」が15.5%に上りました。上位では「紫外線を避ける」が38.8%、「保湿をしっかりと行う」が35.0%、「適度に身体を動かす」が32.0%といずれも3割台にとどまりました。
50代は他の年代と比べて、運動や生活習慣の改善に対する意識が高く「紫外線を避ける」52.4%のほかに、適度に身体を動かす43.7%、「姿勢に気をつける」41.7%、「規則正しい生活を行う」39.8%となりました。

result03_14

このページのトップへ

美容対策に「ストレッチ」「マッサージ」「岩盤浴」が根強い人気。「ヨガ・ピラティス」への関心も高まる

設問6と関連して今後試してみたい美容法を伺ったところ、「ストレッチ・軽い運動」が4割弱で1位、「マッサージ」と「岩盤浴」が3割強の同率2位。続いて「ヨガ・ピラティス」が挙げられました。また本質問では、年代によって美容に対する大きな意識の差が見られています。 detail03_08

さらに詳しい結果を見る

美しさを保つために、今後試してみたい美容法はありますか。
ある方は、具体的にどのような美容法を試してみたいと思いますか。
あてはまるものを全てお選びください。
※今試している美容法も含めて、今後試してみたい美容法をお答えください。

美容対策に「ストレッチ」「マッサージ」「岩盤浴」が根強い人気。「ヨガ・ピラティス」への関心も高まる

美しさを保つために、30~50代の女性が試したいと思っている美容法は、「ストレッチ・軽い運動」が38.2%で1位、続いて「マッサージ」と「岩盤浴」が30.1%で同率2位。続いて「ヨガ・ピラティス」29.4%が挙げられました。手軽に始められ、快適な美容方法に人気が集まっています。

result03_15

年代別では、30代の女性は美容対策に対して意欲的であり、回答数が最も多く「ストレッチ・軽い運動」42.7%、「マッサージ」39.8%、「岩盤浴」37.9%、「ヨガ・ピラティス」29.4%のほか、「美顔器・スチーマー」36.9%、「健康食品・サプリメント」34.0%、「永久脱毛」33.0%などが並びました。
40代では上位34つのほかに「ピーリング」26.2%、「エステ・スパ」33.0%といった比較的早くに結果が見られる方法に人気が集まっています。
50代になると美容法への関心がやや低くなり「ストレッチ・軽い運動」35.9%、「健康食品・サプリメント」27.2%がみられるものの、「特に試してみたい美容法はない」が16.5%と高くなっています。
40代では「20~29歳」が31.1%。50代も同様に「20~29歳」が最も高く23.3%となりました。なお、現在の自分よりも若い時代が魅力的であったと考える割合としては30代が59.3%、40代が79.6%、50代では90.3%となっています。

result03_16

このページのトップへ

“美しさを保つため”に注目される健康食品・成分1位は「コラーゲン」

設問6と関連して、美しさを保つために摂取してみたい健康食品(成分)があるかどうか尋ねたところ、1位「コラーゲン」・2位「コエンザイムQ10」・3位が「ヒアルロン酸」と美肌に関連する成分が上位を占める結果となりました。 detail03_09

さらに詳しい結果を見る

美しさを保つために、摂取してみたい健康食品(成分)はありますか。
ある方は、具体的にどのような健康食品(成分)を試してみたいとおもいますか。
あてはまるものを全てお選びください。※今摂取している健康食品(成分)も含めて、
今後摂取してみたい健康食品(成分)をお答えください。

美しさを保つため”に注目される健康食品・成分1位は「コラーゲン」

最も人気の高かったのは「コラーゲン」47.6%。続いて「ヒアルロン酸」33.7%。「コエンザイムQ10」32.0%、「ビタミンC」31.1%、「大豆イソフラボン」29.8%となりました。
美しさを保つためという設問からか、肌作り・美容を意識した成分・食品が高い人気を集めました。

result03_17

年代別に見ると、30代ではやはり「コラーゲン」49.5%、「ヒアルロン酸」36.9%、「コエンザイムQ10」36.9%など多く、これに加えて「鉄分」36.9%、「乳酸菌」29.1%、「葉酸」25.2%など、身体に必要な成分を比較的多く選んでいる傾向が見られます。
40代では「コラーゲン」49.5%、「ヒアルロン酸」35.0%、「コエンザイムQ10」30.1%に加え「鉄分」35.0%、「黒酢」27.2%が目立ちました。
50代になると、全体的に摂取したい(摂取している)健康食品・成分の回答数は少なくなるもののやはり「コラーゲン」43.7%。「ヒアルロン酸」29.1%、「コエンザイムQ10」29.1%な度は高い水準にあります。
また50代では「鉄分」16.5%、「葉酸」9.7%の回答数が全年代を通して最も少なくなっています。現代女性は、年代に合わせて自分に必要な栄養素をある程度理解し、選んでいることが分かります。

このページのトップへ

美容のために使えるお金は2000~3000円、1000円以下という消極派も多数

30~50代の女性に、現在自身の美容のために使っている1月あたりのお金の額を伺ったところ「2000~3000円未満」が1位。続いて「1000円未満」「1000~2000円未満」という回答となりました。 detail03_10

さらに詳しい結果を見る

あなたは、ご自身の美容に関することに、月平均いくら程度お金を使っていますか。

美容のために使えるお金は2000~3000円、1000円以下という消極派も多数

ひと月に美容に関する事柄のために使用する金額として最も回答の多かったのは「2000円~3000円未満」という回答。続いて「1000円未満」が18.4%、「1000円~2000円未満」が16.5%と続きました。現代女性の傾向としては、なるべくお金をかけずに綺麗になりたいと思う方が多いようです。

result03_18

年代別にみると、30代では「1000円~2000円未満」が最も高く25.2%。40代では「1000円未満」が最も高く26.2%で、同様に4位の「5000~15000円未満」も最も少なく12.6%。
50代では「2000~3000円未満」が最も多く24.3%、4位の「5000~15000円未満」は最も多く16.5%となりました。

result03_19

このページのトップへ

女性の美容に対する投資傾向は「現状維持」もしくは「消極的増額」

設問9に関連して、今後よりよい美容法があれば美容に投資する金額を増やしたいと思うかと尋ねたところ、「投資する金額を増やしてもよい」との回答は1割を割り込み、「どちらともいえない」という回答が半数を占めるという、消極的な傾向が見られました。 detail03_11

さらに詳しい結果を見る

美容への投資する金額について、よりよい美容法が有れば増やしても
よいとおもいますか。あるいは、投資する金額を減らしたいと思いますか。
あなたのお気持ちに最も近いものを1つだけお答えください。

女性の美容に対する投資傾向は「現状維持」もしくは「消極的増額」

設問9と関連して今後、よりよい美容法があれば美容に使う投資を増やしてもよいかという問いに関しては、1位が「どちらともいえない」が51.1%。2位が「どちらかといえば投資する金額を増やしてもよい」35.0%。3位が「どちらかといえば投資する金額を減らしたい」6.1%となりました。美容に対する費用投資に関しては、美容法の利点などをしっかりと見極め、慎重な判断を取っている女性が多いことが分かります。

result03_20

年代別では30代が「どちらともいえない」における回答者数が全年代の中で最も低く45.6%。一方で「どちらかといえば投資する金額を増やしてもよい」38.8%。3位が「どちらかといえば投資する金額を減らしたい」10.7%も各年代と比べて高くなっており、やや投資に関して行動を起こしやすい傾向にあると言えそうです。
40代では、「どちらともいえない」の回答者が全年代の中で最も多く56.3%、「どちらかといえば投資する金額を増やしてもよい」が最も低く28.2%となり、年代の中ではやや行動を起こしにくい傾向にあるようです。
また、50代では「投資する金額を増やしてもよい」が他の年代と比べてやや高く5.8%となりました。

result03_21

このページのトップへ

関連記事

本件に関するお問い合わせ

【引用・転載に関して】
当サイト内で公開されている各種の調査報や研究資料の一部、もしくは全部を引用・転載して使用する場合は、必ずサイト名・調査・研究機関の明記を行ってください。

例)参照:サン・クロレラ研究サイト『こちら調査室』
URL:http://lab.sunchlorella.co.jp/research/result_01.html

また引用・転載を行う際は、事前に弊社へご一報くださいますようお願いいたします。

【連絡先】
株式会社 サン・クロレラ 広告宣伝部

  • Google Bookmarks Google Bookmarks
  • はてなブックマーク はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録