「クロレラ摂取によりヒトの分泌型免疫グロブリンAの分泌速度が増大する効果について 研究成果」がNutrition Journalに掲載されました。 |研究レポート|サン・クロレラ研究サイト

クロレラ、エゾウコギ、アガリクスなどを科学的に考察するサン・クロレラ 研究サイト

  1. TOP
  2. 研究レポート
  3. 「クロレラ摂取によりヒトの分泌型免疫グロブリンAの分泌速度が増大する効果について 研究成果」がNutrition Journalに掲載されました。

研究レポート

サン・クロレラ研究開発部が健康素材の試験や分析した結果を報告しています。

研究レポート

【学術情報】

(株)サン・クロレラ研究開発部

「クロレラ摂取によりヒトの分泌型免疫グロブリンAの分泌速度が増大する効果について 研究成果」がNutrition Journalに掲載されました。

2011年10月

風邪やインフルエンザなどの上気道感染症の防御において重要な役割を果たす「分泌型免疫グロブリンA(sIgA)」について、クロレラの摂取によりその分泌速度が増大する結果については、第9回日本抗加齢医学会総会にて既に報告しておりますが、この度その成果に基づき論文が掲載されましたのでここにご報告致します。

 詳   細 

タイトル:
「クロレラ摂取によりヒトの分泌型免疫グロブリンAの分泌速度が増大する効果について 研究成果」がNutrition Journalに掲載されました。
著  者:
Takeshi Otsuki1), Kazuhiro Shimizu2), Motoyuki Iemitsu3)and Ichiro Kono4)
所  属:
1)Faculty of Health and Sport Sciences, Ryutsu Keizai University 2)Sports Research & Development Core, University of Tsukuba 3)Faculty of sport and health science, Ritsumeikan University 4)University of Tsukuba

PDF版 241KB

※この情報は、学術雑誌や学会において発表された内容の掲載であり、商品の販売促進を目的とするものではありません。

  • Google Bookmarks Google Bookmarks
  • はてなブックマーク はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録