「4週間のクロレラ摂取によりヒトの分泌型免疫グロブリンAの分泌速度は増大する」を第9回日本抗加齢医学会総会(2009)にて発表しました。 | 研究レポート

健康素材の研究レポート 一覧

サン・クロレラ研究開発部が健康素材の試験や分析した結果を報告しています。

健康素材の研究レポート 一覧

【学術情報】

(株)サン・クロレラ研究開発部

「4週間のクロレラ摂取によりヒトの分泌型免疫グロブリンAの分泌速度は増大する」を第9回日本抗加齢医学会総会(2009)にて発表しました。

2009年06月

研究目的
風邪やインフルエンザなどの病原体や異物の侵入に対して、唾液中に含まれる分泌型免疫グロブリンA(SIgA)は喉などの粘膜防御において重要な役割を果たしています。クロレラの経口摂取によりラットの免疫機能が高まったという報告や、ヒトの母乳中のIgA濃度が増大した報告などから、クロレラ摂取が唾液中のSIgA分泌に与える影響について検討するため臨床試験を行いました。
試験方法
健康な成人男性21名を対象に盲検法によるクロスオーバー試験を実施しました。被験者には4週間に亘りクロレラ粒またはプラセボ粒を1回15粒、1日に2回、計30粒摂取してもらい、摂取の前後に唾液の採取を行いました。唾液採取は滅菌綿を1回/秒、2分間咀嚼することで採取しました。採取したサンプルから唾液の分泌速度とSIgA濃度を測定し、そこからSIgAの分泌速度を算出しました。得られた値はプラセボ群(P群)、クロレラ群(C群)の各々摂取前後でT検定を実施しました。
 結   果
被験物質の摂取率はP群で97.0±1.0%、C群で95.2±1.4%であり両群での差は見られませんでした。SIgA濃度について、P群では摂取前後で変化しませんでしたが(p = 0.19)、C群では摂取後び有意な増加が見られました(p < 0.01)。唾液分泌速度に関しては両群ともに摂取前後の変動は見られませんでした(p = 0.23及びp = 0.73)。SIgAの分泌速度はP群では摂取前後で変化しませんでしたが(p = 0.32)、C群では摂取後に有意に増大しました(p = 0.0.1)。
以上より、クロレラの4週間摂取により唾液中のSIgA濃度とSIgA分泌速度が増大し、口腔内免疫機能が向上することが示唆されました。

 

image112_1

 

image112_2

 詳   細 

タイトル:
「4週間のクロレラ摂取によりヒトの分泌型免疫グロブリンAの分泌速度は増大する」を第9回日本抗加齢医学会総会(2009)にて発表しました。
著  者:
大槻毅1),清水和弘2),家光素行3),荒川ゆかり4),河野一郎2)
所  属:
1)聖カタリナ大学 人間健康福祉学部2)筑波大学大学院 人間総合科学研究科 3)環太平洋大学 体育学部4)株式会社 サン・クロレラ

PDF版 140KB

※この情報は、学術雑誌や学会において発表された内容の掲載であり、商品の販売促進を目的とするものではありません。

  • Google Bookmarks Google Bookmarks
  • はてなブックマーク はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録