クロレラ研究成果による 「サイトカイン阻害剤」「B/T 細胞増殖阻害剤」 の特許を取得 | 研究レポート

健康素材の研究レポート 一覧

サン・クロレラ研究開発部が健康素材の試験や分析した結果を報告しています。

健康素材の研究レポート 一覧

【学術情報】

(株)サン・クロレラ研究開発部

クロレラ研究成果による 「サイトカイン阻害剤」「B/T 細胞増殖阻害剤」 の特許を取得

2008年08月

これまでに、クロレラの研究成果からアレルギーや動脈硬化、自己免疫疾患などの炎症性疾患に対する作用を見い出し、論文として発表してきました。
(2004年 Journal of Medicinal Food: Vol.7 No.2)

また、その結果に基づき2007年9月に2件の特許が認可されたことをすでにご報告させて頂いております。今回、さらに 2件の特許が認可されましたので改めてお知らせいたします。

「サイトカイン阻害剤」&「B/T細胞増殖阻害剤」

試験では、免疫系の過剰発現に対するクロレラの作用を検討しました。
ヒト由来の培養細胞にある薬剤を添加すると、免疫系が過剰に発現する異状な状態となります。
その際、クロレラを同時に添加すると過剰発現が抑制されました。
このことから、アレルギー、自己免疫疾患などへの効果が期待されます。

image25_1

論文の解説につきましては、下記をご覧ください。
クロレラのプロテインチロシンフォスファターゼ、マトリックスメタロプロテアーゼ、カスパーゼ、サイトカイン遊離、B・T細胞の増殖、ホルボールエステル受容体への結合作用

※この情報は、学術雑誌や学会において発表された内容の掲載であり、商品の販売促進を目的とするものではありません。

  • Google Bookmarks Google Bookmarks
  • はてなブックマーク はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録