クロレラ研究成果による「チロシンホスファターゼ阻害剤」「 マトリックスメタロプロテアーゼ阻害剤」の特許を取得 | 研究レポート

健康素材の研究レポート 一覧

サン・クロレラ研究開発部が健康素材の試験や分析した結果を報告しています。

健康素材の研究レポート 一覧

【学術情報】

(株)サン・クロレラ研究開発部

クロレラ研究成果による「チロシンホスファターゼ阻害剤」「 マトリックスメタロプロテアーゼ阻害剤」の特許を取得

2007年12月

一般的に病気は、生体にとって好ましくない情報の伝達によって起きており、これを阻止すれば病気を治すことができます。この情報伝達に重要な役目をしているものとして、酵素と受容体があり、病気との関係については、既に多くの研究データがあります。
一方、クロレラには多くの薬理作用が認められており、酵素と受容体への作用を調べることによって、さらに、その作用メカニズムを知ることができます。その結果は、既に論文として(2004年の「Journal of Medicinal Food:Vol.7 No.2」に掲載)発表されていますが、この度、次の2つの作用が特許として認可されましたので、お知らせいたします。

1.チロシンホスファターゼ阻害剤

この酵素は数種類知られており、様々な免疫反応に大きく関わっています。この酵素を阻害することによって、自己免疫疾患、乳がん、卵巣がんなどへの効果が期待されます。

image26_1

2.マトリックスメタロプロテアーゼ阻害剤

この酵素も数種類が知られおり、細胞と細胞の接着を弱める働きがあります。この酵素を阻害することによってがんの浸潤、リューマチ、自己免疫疾患、歯周病、組織潰瘍などへの効果が期待されます。

image26_2

論文の解説につきましては、下記をご覧下さい。
クロレラのプロテインチロシンフォスファターゼ、マトリックスメタロプロテアーゼ、カスパーゼ、 サイトカイン遊離、B・T細胞の増殖、ホルボールエステル受容体結合への作用

※この情報は、学術雑誌や学会において発表された内容の掲載であり、商品の販売促進を目的とするものではありません。

  • Google Bookmarks Google Bookmarks
  • はてなブックマーク はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録