「クロレラ由来の総合栄養サプリメントが最大酸素摂取量に及ぼす影響についてのプラセボ対照研究」を第21回日本運動生理学会大会(2013)にて発表しました。 | 研究レポート

健康素材の研究レポート 一覧

サン・クロレラ研究開発部が健康素材の試験や分析した結果を報告しています。

健康素材の研究レポート 一覧

【学術情報】

(株)サン・クロレラ研究開発部

「クロレラ由来の総合栄養サプリメントが最大酸素摂取量に及ぼす影響についてのプラセボ対照研究」を第21回日本運動生理学会大会(2013)にて発表しました。

2013年08月

研究目的
クロレラをマウスに摂取させると、マウスの遊泳時間が延長するという結果について既に報告がありますが、ヒトが摂取した場合の運動能力に関する報告はありません。そこで今回はヒトにおける全身持久性体力及び有酸素性能力への影響について検討しました。
試験方法
19歳~24歳(平均21.3歳)の健康な男女10名を対象にクロレラ群・プラセボ群による二重盲検クロスオーバースタディを行いました。被験物質は朝15粒、夜15粒を4週間毎日摂取してもらい、試験スタート時と終了時に自転車エルゴメーターと呼気ガス分析装置による最大仕事率(全身持久性体力)と最大酸素摂取量(有酸素性能力)の測定を行いました。
 結   果
最大仕事率および最大酸素摂取量においてプラセボ群では摂取前後の値に有意差はありませんでしたが、クロレラ群では摂取前に比べ摂取後に有意に増大しました(図1、図2)。また最大酸素摂取量の変化はプラセボ群と比較してクロレラ群で有意に高い値を示しました(図3)。
以上の結果より、4週間のクロレラ摂取により全身持久性体力が改善し、有酸素性能力が増大することが示唆されました。

142_1

142_2

 詳   細 

タイトル:
「クロレラ由来の総合栄養サプリメントが最大酸素摂取量に及ぼす影響についてのプラセボ対照研究」を第21回日本運動生理学会大会(2013)にて発表しました。
著  者:
梅本幸朗1),荒川ゆかり2),大槻毅1)
所  属:
1)流通経済大学スポーツ健康科学部、2)株式会社 サン・クロレラ

PDF版 314KB

※この情報は、学術雑誌や学会において発表された内容の掲載であり、商品の販売促進を目的とするものではありません。

  • Google Bookmarks Google Bookmarks
  • はてなブックマーク はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録