クロレラによる抗炎症作用に関する研究成果が 学術誌「医学と生物学」に掲載されました。 | 研究レポート

健康素材の研究レポート 一覧

サン・クロレラ研究開発部が健康素材の試験や分析した結果を報告しています。

健康素材の研究レポート 一覧

【学術情報】

(株)サン・クロレラ研究開発部

クロレラによる抗炎症作用に関する研究成果が 学術誌「医学と生物学」に掲載されました。

医学と生物学 153巻 第12号 575-581 に掲載

我々は、すでにin vitro(試験管内)評価試験において、クロレラが、炎症の発症に関与する酵素であるシクロオキシゲナーゼ-2やホスホリパーゼA2に対して活性阻害作用を有することを報告しています。(関係資料1) そこで、自然発症した慢性的な皮膚障害を持つビーグル犬において、クロレラの抗炎症作用を確認するため試験を実施し、その成果を日本農芸化学会2008年度大会(2008年3月:名古屋)にて発表しておりました。同時に成果を論文にまとめ、学術誌「医学と生物学」に投稿しておりましたところ、この度掲載されましたので、ここにご報告いたします。

研究内容に関しましては、上記学会発表の資料(関係資料2)をご参照下さい。

 詳   細 

掲 載 誌:
医学と生物学 153巻 第12号 575-581
タイトル:
クロレラによる抗炎症作用に関する研究成果が 学術誌「医学と生物学」に掲載されました。
著  者:
中鉢博文1)、齋藤昌子1)、竹腰英夫1)、湯浅一之2)、平中 尊2)
所  属:
1)株式会社サン・クロレラ 2)株式会社ナルク

PDF版 113KB

※この情報は、学術雑誌や学会において発表された内容の掲載であり、商品の販売促進を目的とするものではありません。

  • Google Bookmarks Google Bookmarks
  • はてなブックマーク はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録