「エゾウコギ食品の更年期不定愁訴および骨代謝改善作用について」が機能性食品と薬理栄養に掲載されました | 研究レポート

健康素材の研究レポート 一覧

サン・クロレラ研究開発部が健康素材の試験や分析した結果を報告しています。

健康素材の研究レポート 一覧

【学術情報】

(株)サン・クロレラ研究開発部

「エゾウコギ食品の更年期不定愁訴および骨代謝改善作用について」が機能性食品と薬理栄養に掲載されました

機能性食品と薬理栄養 Vol.10、No.6(2017) に掲載

最終月経から1年以上経過して更年期不定愁訴を自覚している女性(クッパーマン更年期指数問 診票スコア16点以上34点以下で、不定愁訴の程度が軽度から中等度)において、エゾウコギ食 品の16週間摂取により、クッパーマン更年期指数問診票スコアによる主観的不定愁訴、さらに骨 代謝が改善されることを、2015年の第13回日本予防医学会学術総会において発表しましたが、その成果が論文として学術誌「機能性食品と薬理栄養」に掲載されましたのでご報告いたします。

 詳   細 

掲 載 誌:
機能性食品と薬理栄養 Vol.10、No.6(2017)
タイトル:
「エゾウコギ食品の更年期不定愁訴および骨代謝改善作用について」が機能性食品と薬理栄養に掲載されました
著  者:
星崎昌子 1、竹腰英夫 1、増田康 2、齋藤正実 2
所  属:
1)株式会社サン・クロレラ、2)株式会社 SOUKEN

PDF版 112KB

※この情報は、学術雑誌や学会において発表された内容の掲載であり、商品の販売促進を目的とするものではありません。

  • Google Bookmarks Google Bookmarks
  • はてなブックマーク はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録