高齢者の便秘改善法 | 世界の最新健康ニュース

世界の最新健康ニュース

時々の健康にかかわるニュースや最新の話題をお届けします。

世界の最新健康ニュース

2013-02-28

高齢者の便秘改善法

世界の最新健康・栄養ニュース

1367057695 高齢者に増えている便秘の治療法を検討した無作為化比較試験を系統的にレビューしたカナダの研究者による報告が『カナダ医師会雑誌』に発表された。

ポリエチレングリコールやラクチュロースを摂取する治療法が、最も効果的であるという。これらの薬剤には腸の浸透圧を変化させる働きがあるので、腸内への水分の分泌を増し排便を促す作用を持つ。ただし副作用として(特にラクチュロースでは)腸の膨満感、ガス、下痢を伴うことがある。

よくいわれる水分摂取を増やし運動をすることについては、明白な効果は認められなかった。しかし便秘改善以外の様々な健康効果が期待できるので試してみるのも良いかもしれないと研究者は述べている。

サイリウムのような水溶性食物繊維の摂取は、効果はみられるものの、信頼性の高いエビデンスには欠けていた。古くから生薬として使用されているセンナやカスカラといった刺激作用のある下剤も有効であったが、長期間続けると効果が低くなる可能性があるようだ。

研究者はまた、高齢者の便秘改善方法について9つのステップを踏むようよびかけている。これは症状の兆候を察知することや、原因を探ることも含まれる。そして、行動の改善、食事の改善、いくつかの種類の下剤を試し、それでもだめなら胃腸科専門医あるいは(高齢者なら)老人病専門医を紹介するといった手順である。

加齢とともに便秘を訴える者は増えてくる。便秘は健康を脅かす原因となったり、QOLの低下を引き起こす。体力の低下している者が無理にいきめば、脳や心臓への血流が制限され、卒倒して怪我をすることもある。またひどい便秘が吐き気、食欲減退、腹部痛といった症状によって身体機能を低下させる可能性は高い。

「医師は高齢者にも健全な腸の働きをうながすため、生活全般に関して様々なアプローチを試みるべきである」と研究者は訴えている。

出典は『カナダ医師会雑誌』

監修・執筆 和気奈津彦(わけ なつひこ、薬学博士)
関連記事
  • Google Bookmarks Google Bookmarks
  • はてなブックマーク はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録