燃え尽き症候群は心臓病リスク | 世界の最新健康ニュース

世界の最新健康ニュース

時々の健康にかかわるニュースや最新の話題をお届けします。

世界の最新健康ニュース

2013-03-22

燃え尽き症候群は心臓病リスク

世界の最新健康・栄養ニュース

仕事におけるストレスが原因で心身に支障をきたす「燃え尽き症候群」が、独立して心臓血管疾患リスクになるとする研究結果が『精神身体医学』誌に報告された。

調査はイスラエルにあるテルアビブソーラスキー医療センターの定期検診受診者である19-67歳の8,838人の男女を対象として平均3.4年追跡調査された。

調査開始時点における対象者の燃え尽き度合いは、「シーロム-メラメド燃え尽き度指標」を用いて点数化された。その後、急性心筋梗塞・虚血性心疾患・狭心症といった心血管疾患の発症が追跡調査され、燃え尽き度合いとの関係が調べられた。

1366878016

追跡期間中に93例の心血管疾患がみられた。年齢、性別、家族歴、喫煙といった交絡因子を調整して解析した結果、燃え尽きの傾向がある者は、ない者に比べて41%も心血管疾患リスクが高いことが明らかになった。特に燃え尽き度指標が高かった上位2割の人々は、79%も心血管疾患の発症リスクが高まっていたという。

1366878069 研究者は、仕事における燃え尽き症候群は、それだけで心臓疾患リスクになるようだと考察している。より長期にわたる追跡期間を経れば、もっとこの関係がはっきりと示されるだろうと予測している。また、研究では燃え尽き度と、肥満や不眠、不安障害との関係も示唆されているという。

人生における仕事のストレスの影響が、如実に示された研究といえよう。

出典は『精神身体医学』

監修・執筆 和気奈津彦(わけ なつひこ、薬学博士)
  • Google Bookmarks Google Bookmarks
  • はてなブックマーク はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録